「住宅火災保険」は火事だけでなく、風による被害も補償の対象となっています。

あまり知られていないことですが、「火災保険」に加入をしていれば修理費用をもらえる可能性があります。
火災保険は「火」だけではなく「風」による風災被害も適用されます。

「経年劣化」による破損は対象ではありません。

「経年劣化」による破損は、火災保険の補償の対象ではありません。火災保険の適用を申請できるのは、火事、または強風や大雪などの自然災害によって壊れた部分です。

被害にあってから3年間は保険金の請求をすることができますので、無料点検をうまく利用して、実際に壊れた個所などが見つかった場合などは、「経年劣化」なのか「自然災害」なのか判断をしてもらいことが重要です。

台風や雪で壊れた屋根・雨どい